13日に行方不明になっていた大分市光吉の小学5年生の男児3人(いずれも11歳)は、14日朝に無事発見された。けがはなかった。

 大分県警によると、3人は小学校の同級生で、リュックサックに着替えや水筒、寝袋などを持ち、うち1人の自宅近くの公園で一夜を明かした。3人は「冒険したかった」などと話しているという。

 13日に外出して夜になっても帰宅せず、うち1人の母親が110番した。14日午前8時半ごろ、捜索していた保護者が公園で発見した。【西嶋正法】