14日、2日間の日程で全国691会場で始まった大学入試センター試験。近畿2府4県では、前年度より3936人多い8万9311人が志願した。大阪大では2会場で約4300人が受験を予定。吹田キャンパス(大阪府吹田市)では、朝の冷たい風に首をすくめながら受験生たちが会場入りし、直前まで参考書を開いて準備していた。

 大阪大法学部を志望している大阪府立天王寺高3年の大東真奈さん(18)=堺市堺区=は「雪を警戒して早めに家を出たが、何もなくてよかった。焦らず落ち着いて問題を解きたい」と話した。【大久保昂】