大学入試センター試験が実施される14日から15日にかけては冬型の気圧配置が強まり、北日本など広い範囲が数年に1度の強い寒波に見舞われて、各地で激しい雪となる可能性がある。気象庁は交通機関の乱れや路面凍結などに警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、14〜15日は北日本から西日本の日本海側を中心に大雪となり、東日本や西日本の太平洋側でも積雪の恐れがあるという。強風も吹く見込みで、14日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は中国23メートル(35メートル)、北陸や伊豆諸島、近畿、四国で各20メートル(各30メートル)。気象庁は「受験生は時間に余裕を持って行動してほしい」としている。

 一方、東北地方や日本海側の広い範囲では13日、まとまった降雪があり、新潟県魚沼市では同日午後10時現在、130センチの積雪を記録。住民らはスコップを手に雪を下ろす作業に追われ、小学生らは降りしきる雪の中で家路を急いでいた。【森健太郎、後藤結有】