高知県の尾崎正直知事は13日、東京都内で記者会見し、慶応3(1867)年に京都で暗殺される5日前に坂本龍馬が記した直筆の書簡が見つかったことについて、「この手紙を見た瞬間、背筋がぞぞっとした。まさに歴史の封印が解かれたという思いだ」と興奮気味に語った。

 記者会見では、書簡を鑑定した宮川禎一・京都国立博物館上席研究員が意義を解説した。筆跡に加えて、福井藩士の三岡八郎との面会などこれまでに見つかっている他の史料の内容と一致することから、「疑う余地のない龍馬の親筆」と説明した。

 尾崎知事はこの書簡を、3月4日に開幕する「志国高知・幕末維新博」に合わせ、県立高知城歴史博物館(高知市追手筋2)で一般公開することも発表。「龍馬の息吹を感じに博覧会に来てください」と呼びかけた。

 龍馬、三岡、当時は前福井藩主だった松平春嶽、書簡の宛先の同藩重臣・中根雪江の子孫もこの記者会見に出席。坂本家10代目当主の坂本匡弘(まさひろ)さん(51)は「この書簡が大政奉還から150年という節目に見つかったのは、単なる偶然ではなく、龍馬が導いてくれたとしか思えない。ご子孫と一堂に会することができたのも龍馬のおかげと感謝しています」。

 三岡の子孫の三岡慶胤(よしたね)さん(39)は「八郎は、新政府の財政基盤が弱かった時に文字通り命懸けで担い、近代国家の基盤をつくった。功績はあまり知られていないが、書簡発見を機に広く知ってほしい。博覧会にも協力したい」と語った。【錦織祐一/デジタル報道センター】