民進、共産、社民、生活の野党4党は23日午前、国会内で党首会談を開いた。民進党の蓮舫代表にとって就任後初めての党首会談で、4党は26日召集の臨時国会で連携する方針を確認。衆院東京10区、福岡6区両補選(10月23日投開票予定)や次期衆院選での選挙協力に向け、協議に入ることで合意した。

 蓮舫氏は会談後、記者団に「岡田克也前代表が合意した内容を踏襲していく」と語り、4党による国会対応や選挙での協力関係を継続する考えを示した。臨時国会での協力については「力強い連携を取って、政権の間違っているところは徹底的に国会論戦を通じて国民に知らせる」と述べた。

 両補選では民進、共産両党がそれぞれ公認候補予定者を既に発表しており、両党を中心に候補者の一本化に向けた協議を急ぐ。

 4党は党首会談に引き続き、幹事長・書記局長会談も開催し、各党の国対委員長が同席した。【松本晃、樋口淳也】