【シドニー小田中大】オーストラリアを訪問中の安倍晋三首相は14日午後(日本時間同)、シドニーの首相公邸でターンブル首相と会談し、20日に発足するトランプ次期米政権と緊密に連携することを確認した。トランプ氏が離脱の意思を表明した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)が「引き続き必要不可欠な優先事項」として、米側に意義や価値を粘り強く訴えることでも一致した。

 安倍首相は会談後の共同記者発表で「次期米政権と強固に連携していく意思を確認した」と日米豪3カ国の連携を強調。ターンブル氏も「米国との同盟関係は今まで以上に重要だ」と述べ、米国の地域への積極的な関与を求めた。

 トランプ氏のアジア政策が不透明なことを念頭に、両首脳は約1時間半の会談でアジア太平洋地域の平和と安定に米国のリーダーシップと関与が不可欠との認識で一致。中国の南シナ海での海洋進出が「深刻な懸念事項」になっているとして、紛争の平和的な解決の必要性も確認した。

 両首脳はまた、弾薬の提供が可能となる物品役務相互提供協定(ACSA)改定の署名式に立ち会った。両国で共同訓練など防衛協力の方針を年内に取りまとめ、自衛隊、豪州軍の相互訪問時の法的地位などを定める円滑化協定の妥結を目指すことも確認した。

 経済では、TPPの早期発効を目指すことで一致し、自由貿易が重要であることを再確認した。両国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の早期妥結を目指すことも申し合わせた。