プロ野球の日本ハムの武田勝投手(38)が今季限りでの現役引退を決め、23日午後に札幌市内で記者会見する。

 愛知県出身で東京・関東一高、立正大を経て社会人のシダックスから2005年秋のドラフトで大学・社会人4巡目で入団。技巧派の先発左腕として活躍し、4年目の09年から4年連続で2桁勝利を挙げ、13年は開幕投手も務めた。

 若手の台頭もあって14、15年は3勝にとどまり、今季はここまでプロ入り後初めて1軍登板がなかった。通算243試合出場で82勝61敗1セーブ、防御率3.02。【江連能弘】