ソフトバンクの和田毅投手(35)が左肘への疲労の蓄積のため、次回の登板予定だった24日の西武戦(西武プリンスドーム)を見送る方針であることが分かった。和田は「そのような形で話は進んでいる。中途半端に投げて迷惑をかけたくない」と話した。今後については「シーズン中に復帰したい気持ちはあるが、まだ投げられる状況ではない」と話すにとどめた。和田は大リーグ時代の2012年に左肘靱帯(じんたい)の修復手術を受けている。