大相撲秋場所13日目の23日、最後の一つ前の仕切り。にらみつける日馬富士を豪栄道がにらみ返す。数秒間、にらみ合ったままの二人を伊之助が分ける。「あそこで目をそらすと、やられると思ったんで」。殺気を帯びた豪栄道が紙一重の逆転で大一番を制した。

 日馬富士が低い立ち合いから双差しで突進。豪栄道は左へ回り込む。引き足の速さに、土俵際で横綱の体が傾いた瞬間を絶好調の大関は逃さない。右で首投げを打ち、相手を裏返しにした。

 勝負が決した瞬間を、初優勝に大きく前進した勝者は「無我夢中だったので思い出せない」と言い、連覇の望みを砕かれた敗者は「勝ったと思った瞬間に投げられた」と振り返った。

 決まり手の首投げは、大関が懐にのんでいた宝刀を抜いた感がある。「ほめられた技ではないですけど、今日に関しては良しとします」と豪栄道。八角理事長(元横綱・北勝海)は「ここで出たか。自分から動かなきゃこういう勝負は勝てない」と、うなった。

 1場所13勝は自身初めて。それをカド番場所で初日から土つかずでやってのけた。「まだ2日あるので。その2日に集中したい」。豪栄道の表情に緩みはみじんもなく、土俵人生の最高潮を迎える瞬間が近付いてきた。その瞬間、浮かぶのは笑みか、それとも涙か。【大矢伸一】