昨年12月のフィギュアスケート全日本選手権で優勝した男子の宇野昌磨(中京大)、女子の宮原知子(関大)が13日、横浜市内で開かれた「スターズ・オン・アイス」に出演し、星野源さん作詞作曲の「恋」に合わせ、軽快な滑りを披露した。

 曲に合わせて踊る「恋ダンス」が人気で、第89回選抜高校野球大会(3月19日開幕)の入場行進曲になった。アップテンポな曲調の振り付けに宮原は「難しかった」と苦笑い。

 2018年平昌五輪に向けては「どんな状態でもベストを出せるようにしたい」と宮原。宇野は「4回転ループを安定して決めたい」と高難度のジャンプ取得に意欲を見せた。【岩壁峻】