西横綱・日馬富士(32)=伊勢ケ浜部屋=が大相撲初場所7日目の14日、「右太もも裏肉離れで全治1カ月程度」と診断され、休場した。

 日馬富士は5日目に隠岐の海を降した一番で負傷。痛み止めを打って出場し、玉鷲に勝った6日目の取組後に状態が悪化した。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)は「四股を踏めず、歩くのがやっと。歩けないと相撲を取れない」と話した。

 日馬富士の休場は2015年秋場所以来7回目で、横綱昇進後は5回目。【野村和史】