イタリア中部地震の発生(8月24日)から1カ月を前に、壊滅的被害を受けた最大被災地アマトリーチェ中心部の「危険区域」に入った。ヘルメットをかぶった女性は、がれきに覆われた足元に気をつけながら、荷物を運び出していた。