白石地区交通安全協会永野、円田両支部は、蔵王町役場駐車場で、ドライバーに町特産のナシ2個を配布して安全運転を呼び掛ける「交通安全にこにこ事故なし(ナシ)作戦」を実施した。秋の交通安全県民総ぐるみ運動(21〜30日)の一環で、今回で37回目。

 両支部と町、白石署など関係者約30人が参加。遠刈田温泉方面から役場方面へ通行してきた行楽帰りのドライバーらに18日、ナシを2個ずつ配り、安全運転を呼び掛けた。100台目と200台目、300台目のドライバーにはナシ1箱(5キロ入り)のプレゼントもあった。【豊田英夫】