富士宮市は、富士山の富士宮口8合目(約3250メートル)に今夏開設した診療所「富士山衛生センター」の診療実績をまとめた。患者数は前年比37・5%増の429人で、開設期間の延長を反映して増えた。患者の傷病別は、高山病(吐き気、頭痛を含む)が同58・3%増の334人に達して全体の77・9%を占め、例年通りの高水準だった。

 センターは今夏、昨年より9日間延長し7月22日〜8月22日と9月1〜6日の計38日間開設した。環境省によると、富士宮口の登山者は7月1日〜8月31日で、前年同期比1・8%増の5万2393人だった。

 高山病以外の傷病別は▽外傷36人▽息苦しい11人▽ねんざ8人▽悪寒7人、などの順。年代別は▽11〜20歳90人▽0〜10歳64人▽41〜50歳61人▽21〜30歳・31〜40歳各55人、などの順。住所地は▽国内382人▽外国37人▽不明10人。うち国内は▽県内82人▽愛知県54人▽東京都49人▽神奈川県45人など。無理をして登り続けて高山病の症状を悪化させた人や、軽装の外国人などが目立ったという。

 市観光課の担当者は「体調がよくなければ、下山する勇気も必要。診療所は全期間開設の希望もあるので、来年の延長も検討したい」と話す。【高橋秀郎】