大韓航空は岡山−ソウル便を現行の週5往復から、10月30日〜来年3月25日の冬季スケジュールとして毎日運航の週7往復に増便すると発表した。昨年同時期の搭乗率が75%と好調で今後も訪日客の需要増が見込め、機材不足も解消されることから増便が実現した。

 出発時間は現行と同じ岡山空港発午前10時、仁川空港発午後6時40分。同社岡山支店は「観光客の利用拡大、県内企業のビジネス需要に支えられ利用実績の好調が維持されれば、来春以降も毎日運航が続く可能性がある」としている。【石川勝己】