土庄町渕崎の県小豆総合事務所で21日、交通安全を啓発するラッピングバスのお披露目式があった。バス後部には青い海と空、横断歩道が描かれ、「横断歩道ストップ」「美しい運転。小豆島」などの標語が書かれている。

 小豆島ロータリークラブ(塩田洋介会長)が企画し、小豆署、オリーブバスが協力した。式には交通安全対策協議会や交通安全母の会などからも計約100人が参加。小豆署の今田英朗署長が「全県で交通死亡事故が起きており、非常事態。小豆島でもほぼ毎年1人から3人が死亡している。ドライバーはよく前を見て、歩行者は反射材をつけてほしい」とあいさつ。塩田会長は「運転手も高齢化しているが、ラッピングバスを走らせることで交通安全に注意してほしい」と呼び掛けた。

 21日には秋の全国交通安全運動も始まり、お披露目のあと、ラッピングバスを先頭に白バイやパトカーも次々と出発していった。小豆島ではドライバーが横断歩道で必ず止まって歩行者を先に通す運動を展開している。

【秋長律子】