御所市五百家(いうか)の船宿寺で、早咲きのロウバイが黄色の花を付け、見ごろを迎えた。同寺は「関西花の寺」の一つで、甘い香りが漂っている。

 ロウバイは境内に20本以上あり、菅原正光住職(87)によると、昨年12月下旬ごろほころび始めた。遅咲きもあり、3月ごろまで楽しめるという。船宿寺(0745・66・0036)。【藤原弘】