空港を利用する受験生らを応援しようと、全日本空輸(ANA)山陰支店は12日、鳥取市湖山町西4の鳥取空港に巨大絵馬を掲げた。合格祈願のメッセージを書いた紙絵馬を投函(とうかん)できる。3月13日まで飾られる。

 巨大絵馬は横幅1・1メートル、縦1・2メートル。1999年から毎年この時期に設置している。13日には米子空港(境港市)にも掲げられる。紙絵馬は学問の神様、菅原道真をまつる山口県防府市の防府天満宮に奉納されるという。

 この日は防府天満宮の神職による神事の後、鳥取城北高3年の生徒らが「みんな第一志望合格!」などと書いた紙絵馬を投じた。

 両空港では、ANAが航空機整備に使う滑り止めの砂を入れた「すべらないお守り」(各先着100人)や、合格祈願のシャープペンシル(同50人)を希望者にそれぞれ配布する。【李英浩】