2015年4月、船橋市の女性(当時18歳)が芝山町の畑に生き埋めにされて殺害された事件で、強盗殺人罪などに問われた同市の無職少女(19)は13日、千葉地裁(松本圭史裁判長)であった裁判員裁判の初公判で起訴内容を一部否認した。事件を計画したとされる少女は強盗への関与は認めたが「殺害について事前に話し合っていない」と主張。一方、検察側は「女性に腹を立て、所持金を奪って殺害しようと考えた」と指摘した。【斎藤文太郎、信田真由美】

 冒頭陳述で検察側は「少女が元々友人だった女性との間で徐々にトラブルを抱えるようになった」と事件に至る経緯を説明し、知人の井出裕輝被告(22)=同罪などで起訴=に女性殺害を持ちかけたと主張。女性を車で連れ去り芝山町の畑に着くと少女は現場から離れたが、井出被告の遊び仲間だった中野翔太被告(21)=1審無期懲役、控訴中=が井出被告の指示で掘った穴に女性を埋めた後に再び現場を訪れ、女性が埋められたことを確認したと指摘した。

 これに対し弁護側は、少女が井出被告に「(女性を)拉致して売り飛ばす」「殺す」と話していたことを認めつつ、「普段から話している言葉であり、事件を起こそうと考えたわけではない」と反論。その上で「(女性を連れて)畑に行くとは聞いていなかった。そこで何をするかや、事前に穴を掘っていたことも知らなかった」と強調し、少女を家裁に送致するよう求めた。

 起訴状によると、少女は井出、中野両被告らと共謀し、千葉市中央区の路上で高校の同級生だった女性を連れ去り、暴行して財布などを強奪。翌20日未明、芝山町内の畑に生き埋めにして窒息死させたとされる。

 判決は2月3日に言い渡される。

 ◇起訴内容の認否、口調はっきりと

 被告の少女は肩まで伸びた髪の一部を後ろで束ね、白いセーターに黒いズボン姿で出廷。検察官が起訴状を朗読している間は証言台の前に立ってじっと聴き入り、松本裁判長から起訴内容の認否を問われると、はっきりとした口調で殺害への関与を否定した。

 検察側はこの日、遺体発見現場の写真も証拠提出。裁判員らの手元に置かれた小型モニターに写真が映し出されると裁判員の一部はうつむき、裁判官が気遣う場面もあった。