千葉市と船橋市で昨年8月に起きた連続通り魔事件で、千葉地検は13日、埼玉県ふじみ野市の無職、大野駿容疑者(21)を傷害と銃刀法違反の罪で起訴した。大野被告は女性2人に対する殺人未遂容疑で県警に2回逮捕された。

 罪名を切り替えた理由について地検は「犯行の態様などから殺意を認めるのは難しいと判断した」と説明した。昨年9月26日から1月6日まで鑑定留置をしたが、その結果を踏まえ、刑事責任を問えると判断した。

 起訴状によると、大野被告は8月23日午後5時ごろ、千葉市中央区弁天の歩道で、市内の女子中学生(15)に後ろから自転車で近づいて脇腹を果物ナイフ(刃渡り8・8センチ)で刺して重傷を負わせ、約1時間半後には船橋市前原の路上で、市内の女子大学生(19)の尻を刺してけがをさせたとされる。【斎藤文太郎】