秋も深まり、本を読むにはとてもよい季節。ママたちもカフェでまったり、コーヒーを飲みながら……なんて時間は、なかなか取れないかもしれませんが、読書は、気分転換になりますし、知的好奇心も刺激してくれますよね。

お子さんたちも学校や幼稚園などで、本や絵本などを読む機会が多いはず! 小学校では、あらかじめ読書週間などが用意され、本を読むことを推奨している学校も多いもの。そこで今回は、お子さんと読書について、ママたちに伺ってみました。

子どもは一ヶ月に何冊くらい本を読みますか? 

1.10冊以上 23.1%
2.2〜3冊(半月に1冊) 21.9%
3.6〜10冊 20.2%
4.4〜5冊(週1冊) 17.4%
5.読まない 9.3%

なんと、1ヶ月で10冊以上読んでいるお子さんが23.1%で、第1位という結果に! さらに驚きだったのは、1〜4位まで、少なくとも毎月2冊以上読んでいるということ。そこで、お子さんに本を読ませるために、ママたちが心がけていることを聞いてみました。

「読みたいと言ったら読んであげる。好きな本は何回でも読む。図書館にいっしょに行く。夜寝る前の習慣にする」(3歳・男の子、6ヶ月・女の子のママ)

月に10冊以上の本を読んでいるママたちが心がけていることは、このような感じ! やはり習慣化するということが大切なようです。

「図書館に頻繁に行って本は楽しいものだと教えている。途中や帰りにジュースやアイスを買ってあげて”本=楽しい”と思わせる」(4歳と1歳・女の子のママ)

こちらのママは、ご褒美を用意しながら、楽しいイベントだと印象づけているよう! 本を読ませたいのであれば、こういった工夫も必要かもしれません。

「子どもの想像力を伸ばしたいので、登場人物は何でこんな行動をしたのかな? なにを思ったのかな? など話し合いながら本を読んでいます」(6歳・女の子、1歳・男の子のママ)

こちらのママは、本の読み聞かせによって、お子さんの想像力を伸ばす努力も! こういった感じで本を読めば、お子さんが自発的に考える練習にもなりそうです。

何歳から子どもに読書をさせたいですか? 

1.0〜3歳 71.7%
2.3〜5歳 18.6%
3.5〜7歳 8.1%
4.7〜9歳 1.2%

結果はごらんのとおりで、0歳から読書をさせたいというママが、全体の約7割にものぼりました! 

「文字や言葉を早くから覚えることができ、幼稚園小学校で困らないから」(3歳・女の子のママ)

本は、文字や言葉などを自然に覚えるのに、とても効果的な方法! 絵本を読み進めるうちに、文字を、すらすらと読めるようになったというお子さんも少なくないようです。

「言葉の理解にもつながるし、いろんなことを知るひとつのツール。小さい頃の習慣は重要だと思う」(1歳・男の子のママ)

習慣化させるためには、早いうちに始めるのが◎。最初はママたちの努力からですが、大きくなるにつれ、お子さんも自から、興味を持つことも多いようです。

今回のアンケートからわかったことは、読書をさせるということに熱心なママが多いということ。文字や言葉を覚えることはもちろん、想像力も豊かになり、コミュニケーション力をつけることにも繋がる読書は、きっとお子さんの成長を豊かなものにしてくれます。小さくて、絵本を理解できない頃から読み聞かせをしておけば、きっと、後々役に立ってくれるはずですよ。

せっかく読書の秋という季節です。みなさんもお子さんと、読書タイムを楽しんでみてはいかがでしょう?