現在発売中の『女性自身』が女優・高島礼子(52)の姿をキャッチ。元夫・高知東生(51)の判決前日、高知と暮らした自宅前に現れた彼女は、ひと回り小さくなったように見えたという。

9月15日(木)、覚せい剤取締法違反などの罪で懲役2年・執行猶予4年という有罪判決を受けた高知。担当弁護士によれば「今までご迷惑をおかけした方々に直接会って謝罪したい」と反省しているという。一方で元妻・高島に未練を残しており「先日知人に(高知から)LINEが送られてきたそうで、そのとき彼のプロフィール写真は高島さんとの2ショットだったといいます」という関係者からの情報もある。

判決前日の9月14日(水)、自宅に帰った高島は頬がこけ、あごもシャープになり、激やせしたように見えた。だがこの日は女性と2人、高島の愛車のポルシェでドライブへ。二子玉川のショッピングモールで買物をした後、3時間ほどランチを楽しんだという。ランチ中の彼女の表情は明るく、声もとても楽しそうに弾んでいたそうだ。

世間を驚かせた元夫の逮捕劇から約3カ月が経過した。彼女は今、苦悩の日々から徐々に脱却し、気持ちも新たに人生の1歩を踏み出しているのかもしれない。

(文/タカザワ紅緒)