毎日やることなら忘れずにやれるけど、布団干しやスーツのクリーニングなど、どのくらいの頻度でやったらいいのかよく分からない家事もありますよね。
この家事はいつやればいいのか? だいたいの目安を紹介しましょう。

1分でわかる「この家事、いつやればいいの?」

布団干しやスーツのクリーニングなどなど、どのくらいの頻度でやったらいいかよく分からない家事ってありますよね。

まずは布団干し。どのくらいの頻度で干した方がいいのかは、掛け布団、敷き布団ともに素材によって変わってきます。
木綿わたの場合は週に2回、3〜4時間程度。
合繊わたは、週に1回、2〜3時間。
羊毛ぶとんは、月に2回、陰干しを2時間。
羽毛ぶとんは、月に1回、陰干しを夏は30分、冬は1時間程度。
干す時間帯は、湿気の少ない午前10時〜午後3時頃までにしましょう。
(※冬場は午後1時頃まで)
枕カバーはできれば毎日、布団カバーは毎週洗濯できるとベストです。

スーツのクリーニングは、目立つ汚れがなければ1シーズンに1回、長期間しまう前にクリーニングに出すくらいで大丈夫です。
生地へのダメージもあるので、あまり頻繁にクリーニングに出すのもよくないのです。
ただし日々のお手入れは大事。
スーツを脱いだ後は、すぐにクローゼットにいれず風通しのいい場所にかけて湿気を飛ばしましょう。

エアコンフィルターの掃除は、夏や冬など頻繁に使用する時期なら2週間に1度くらい。
(※フィルター掃除不要のタイプもあります)
2年に1度くらい、フィルター自体を買い換えると快適に使用し続けられますよ。
フィルターを掃除してもカビくさい……なんて時には業者にエアコン本体のクリーニングを依頼するのもいいでしょう。

最後に気になるゴキブリ対策。
ゴキブリの活動が活発になる夏になってからではもう遅い! ゴキブリが卵からかえる春に対策しておきましょう。
効果的なのはやはりゴキブリ用燻煙剤。
窓や換気口などを閉めきり、引き出しや押し入れなどは開いた状態で燻煙!
コレで駆除しきれなかった卵から、幼虫がかえる約2週間後にもう一度燻煙すればさらに効果的です!