現在NHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロイン・すみれの母親役を演じている女優・菅野美穂(39)が10月6日(木)放送の『あさイチ』に出演。子育てについて語った。

菅野は’13年に俳優・堺雅人(42)と結婚し、昨年、男児を出産した。子どもが生まれる前よりも食べ物や食事について考えるようになったそうで、料理にはクックパッドを活用しているとか。また、子どもがここ何日かで歩けるようになり、Mr.Childrenの歌う、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の主題歌に合わせて踊る姿をすかさず動画を撮っているという。

ほかにも番組ではタレント・坂下千里子(40)がママ友と紹介され、坂下からは「肝っ玉母さん」と呼ばれている菅野。外で一緒に食事をしたとき、子どもが泣き出すと抱っこひもで抱っこし、中腰でスクワットをしてあやしたという。菅野は「(自分の性格が)大ざっぱなところがいいのかもしれないです。男の子のお母さんでよかったと最近、思うようになってきました」と語った。

菅野家には代々「仕事と健康と貯金は なくなってからでないと ありがたみがわからない」という家訓があるという。華やかな芸能界に身を置きながらも、母から受け継がれた教えを肝に銘じ、堅実な子育てに勤しんでいるようだ。

(文/池野フナ子)