現在発売中の『週刊文春』がテレビ朝日の矢島悠子アナウンサー(34)と、番組制作会社の50代社長との不倫交際を報道。矢島アナは現在夫と別居中で、まだ離婚は成立していないという。

矢島アナは’11年春、16歳年上のプロデューサーと結婚。彼は『ちい散歩』のプロデューサーで、彼女は同番組のアシスタントを務めていた。関係者の証言によれば1年前から別居中で、離婚はまだ成立していないという。

今回、不倫疑惑を報じられた50代社長はバツイチ独身で、矢島アナがレギュラーを務める『報道ステーション』の制作担当。矢島アナのほうがベタ惚れで、彼の自宅に入り浸る生活が続いているという。同誌は10月9日(水)にデート現場をキャッチし、2人が仲良く腕を組んでいる写真も掲載。記者が直撃取材したが2人が不倫関係を認めることはなかった。

日曜の夕方に爽やかな笑顔を振りまき、世のお父さん方を虜にする一方で『スーパーJチャンネル』では大食いリポートも難なくこなし、女子アナとしての力量を見せてきた矢島アナ。果たして今回の報道は彼女の将来にどんな影を落とすのだろうか。

(文/タカザワ紅緒)