現在発売中の『週刊新潮』が、俳優・袴田吉彦(43)の不倫相手であるグラビアアイドル・Aさんの告白をスクープした。

袴田は’10年にタレントの河中あい(31)と結婚し、’11年2月に長女が誕生。同誌によれば袴田は’14年夏から妻とは別居状態にあり、Aさんとは’15年9月に西麻布のクラブのパーティーで知り合い、その晩から肉体関係に発展したという。

Aさんによれば、密会場所は、おもに都内の有名ビジネルホテル「アパホテル」だったそうで、袴田は、つねに金欠状態にあり宿泊料金をAさんに支払わせていたとか。その一方で友人名義のホテルのメンバーズカードを持ち、こっそりポイントを貯めていたという。だが、10回ほどの逢瀬を重ねた’16年の年明け、袴田からの連絡は途絶えた。誌面では袴田とAさんのLINEのやりとりを収めたスクリーンショットや、袴田の無防備な寝姿も掲載されている。

この報道を受け、袴田は12日(木)、妻と別居中であることを発表。所属事務所からマスコミ宛てに送られたFAXで「現在妻と別居しているのは事実ですが、この様な軽率な行動をしてしまったことを深く反省しています。お相手の女性にも大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。今後は娘と妻のことを第一に考え、誠心誠意父親として、夫として努力していく所存です」とコメントした。

また、同日、妻の河中も自身のブログを更新。「この度は私たち夫婦の問題で多大なるご心配、ご迷惑をお掛けしております。今、袴田吉彦本人が一番辛い心境にあるかと思います。しかし、なにより大切な娘の幸せを第一に考え、夫婦の今後についてもしっかり二人で話し合っていきたいと思います」と綴った。

はたしてこの報道をきっかけに離婚に至るのか、娘の将来を考えて元サヤにおさまるのか…。夫として、そして父として袴田の真価が問われる。

(文/タカザワ紅緒)