米国セールスフォース・ドットコムは、同社の各プラットフォーム向けに人工知能を提供する「Salesforce Einstein(セールスフォース アインシュタイン)」を発表。さらに同社は人工知能領域の研究を行う新組織、「Salesforce Researchグループ」を設立する。

 米国セールスフォース・ドットコムは、同社のプラットフォームを利用する企業向けに人工知能(AI)を提供する「Salesforce Einstein(セールスフォース アインシュタイン)」を発表した。

 Salesforce Einsteinは、Salesforceが提供する各プラットフォームの各種項目、オブジェクト、ワークフロー、コンポーネントに最先端のAI機能を組み込むことができる。また、顧客とのあらゆる対話をスマートに処理するAIベースのアプリを、クリックまたはコーディングで誰もが開発することができる。

 同社が提供するマーケティング領域向けプラットフォーム「Marketing Cloud」では、すべての顧客とのエンゲージメントの見込みを、メールを使ってスコアリングする「Predictive Scoring」、行動予測にもとづいてセグメントを作成する「Predictive Audiences」、過去の顧客行動にもとづいてメッセージ送信の最適なタイミングを予測する「Automated Send-time Optimization」の機能を提供する。

 また、同社はAI領域の研究を行う新組織「Salesforce Researchグループ」を設立する。は、ディープラーニングや自然言語処理などの分野における研究の成果を同社の製品に実装することに注力する。

MarkeZine編集部[著]