エフティ資生堂は、9月26日より、LINEにて、パーソナルヘアスタイルBotサービス「uno roid」の提供を開始した。悩み別に解決方法を紹介した90本以上の縦型動画を用意。利用者の悩みに適した解決方法を提示する。

 エフティ資生堂は、髪が伸びてきてスタイリングに悩む男性のために、学習型レコメンデーションエンジン搭載のパーソナルヘアスタイルBotサービス「uno roid(ウーノ ロイド)」を開発。9月26日より、LINEにて提供を開始した。

サービスの流れ

 同サービスは、「美容師にしてもらったスタイリングが再現できない」、「髪が伸びて中途半端な長さで、思い通りにスタイルを決められない」など、誰もが感じたことのある悩みに対し、解決方法を提供するもの。

 具体的には、「髪の長さ」「カット時の髪型のタイプ」「髪を切ってからの経過期間」「髪質」「髪の量」「剤形」の計6つの質問に利用者が、答えることで、336タイプの中から適したものを選び、縦型動画にて解決方法を提示する。

例:ベリーショートのモヒカン、髪を切ってから2〜3週目のユーザーに提供されるムービー

 徐々に髪が伸びてくる端境期(はざかいき)のヘアスタイリングの悩みはユーザーによって全く異なる。そこで、ユーザーの個々の悩みに対して最適な提案をするために、今回のサービスを提供するに至った。

MarkeZine編集部[著]