東京海上日動火災保険は、9月中旬より契約者向けにパーソナライズド動画の配信を開始した。Eメールで契約内容などを伝える内容になっている。

 東京海上日動火災保険は、台風や集中豪雨等のリスクに対する防災情報や契約者自身の保険の補償内容、万が一の際の連絡要領などをパーソナライズド動画の仕組みを使って配信する。

 配信ソリューションとしてはピツニーボウズジャパンが提供する「EngageOne(R) Video」(エンゲージワン ビデオ)を採用している。

 今後同社は顧客とのOne to Oneでのアプローチの拡大・充実させるため、契約更新の案内にも活用するなど、契約内容や事故の状況に応じたサポートやアプローチを検討していく。

MarkeZine編集部[著]