売店の店頭メンテナンス、売り場づくり、売り場に関するデータ分析などの強化を目的に、資生堂、ユニ・チャーム、ライオンの3社は協業を開始した。

 資生堂、ユニ・チャーム、ライオンは、小売店の店頭メンテナンス、売り場づくり、売り場に関するデータ分析などについての協業を開始することを発表した。小売店での店頭メンテナンスを行う資生堂の100%出資子会社であるジャパンリテールイノベーションの株式の一部をユニ・チャームとライオンに譲渡し、持ち株比率は資生堂が60%、ユニ・チャームが20%、ライオンが20%とする合弁会社へと移行する。

 今後、3社の取り扱うカテゴリーの商品陳列・店頭メンテナンス業務を順次拡大し、3社それぞれが保有する店頭・売り場に関する知見の共有を進める。この協業により、「効率的な店頭メンテナンス」「生活者にとって魅力のあふれる売り場づくり」「売り場に関するデータ収集と分析」を実現し、生活者との重要な接点である店頭を通じた新たな価値提案を行い、業界全体の発展に貢献することを目指す。

MarkeZine編集部[著]