スパイスボックスとDACは、医療用医薬品メーカー向けに特化したLINE ビジネスコネクト活用サービスの提供を開始した。これにより医療用医薬品メーカーは、LINE公式アカウントを通して、医師や患者とOne to Oneコミュニケーションがとれる。

 スパイスボックスとDACは、医療用医薬品メーカー向けに特化したLINE ビジネスコネクト活用サービス「DialogOneメディカルパッケージ」の提供を開始した。

 同サービスは、スパイスボックスのメディカルマーケティング事業部が、LINEの企業向けAPI「LINE ビジネスコネクト」の開発パートナーであるDACの「DialogOne」に医療用医薬品メーカー向けの専用機能を追加し、共同開発したもの。

 これまで「DialogOne」を利用することで、企業は自社の持つ顧客や商品データベースをLINE公式アカウント上で管理する情報と連携することができた。さらに、アンケートで取得した属性情報やユーザーのログ情報の解析から、属性ごとに特定メッセージを個別配信することが可能だった。

 今回の「DialogOneメディカルパッケージ」では、上記に加え、医療用医薬品メーカーが同社の顧客へのサービスとして利用できるよう、医師向けにMRと直接LINE上でチャットすることができる機能や、患者に服薬時間を通知する機能など独自の機能を追加した。

MarkeZine編集部[著]