ランサーズとiKEMUは、業務提携によりゲーミフィケーション型コンテンツ「Engage」を企画・開発していく。

 ランサーズとIKEMU JAPANは、共同でアドバゲーム商品「Engage」を企画・開発していくことを発表した。今後は、クライアント企業や商品ブランドのマーケティング支援として、ゲーミフィケーションを活かしたエンゲージメントの高いコンテンツを提供していく。

 近年、多様なニーズを持つ消費者とのエンゲージメントを重視するブランドが増えている。そんな中、ゲーミフィケーションを活用したアドバタイジング(広告)が可能となる「アドバゲーム」は、ゲームのインタラクティブ性を活用して商品理解を自然と促すコミュニケーションツールとして注目を集めている。今回の業務提携により、両社の強みを生かし、アドバゲームの企画・制作からゲームユーザー基盤との連携によるマーケティング施策の展開までを提供していく。

MarkeZine編集部[著]