LINEは、ユーザーがLINE スタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」の審査基準を改訂した。これにより、1セット8個からのスタンプの販売、ならびに写真を使ったスタンプの制作・販売が可能になった。

 LINEは、ユーザーがLINE スタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」において、スタンプ1セット8 個から販売可能になったことを発表した。

 これまで、スタンプの販売は1 セットあたり40 個の制作が必要というハードルが高かった。しかし今回、最低8個からの販売が可能になったことで、より手軽にスタンプの販売が可能になった。

 また、写真を使用したスタンプの販売はスタンプ審査ガイドラインにおいて禁止していたが、ガイドラインの改訂を行い制作・販売を可能にした。

MarkeZine編集部[著]