オイシックスは、投資部門「フードテックファンド」を立ち上げた。同部門では、食に関する技術や研究、サービスなどへ投資・提携を行っていく。さらに同社では、投資・提携先に対し、オイシックスの顧客を活用したテストマーケティングなども支援していく。

 オイシックスは、フードテック関連への投資・提携を専門に行う投資部門「フードテックファンド」を10月17日に立ち上げた。

 フードテック(FoodTech)とは、FoodとTechnologyをかけあわせた造語。その領域は、新しい食材から農業技術、レシピサービス、調理家電、その他食に関わる研究・サービスなど多岐にわたる。

 同社はフードテック分野への提携・投資を積極的に行うことで、企業理念の「豊かな食生活を、できるだけ多くの人に」という企業理念を実現する狙いだ。

 また投資に限らず、同社の持つECプラットフォームを最大限生かし、12万人を超える同社の定期顧客に向けたテストマーケティングやデータ分析といった支援も行っていく。これにより、スタートアップの持つ新技術や新サービスをより早く実用化・事業化していくことを目指す。

MarkeZine編集部[著]