Fringe81は、オンライン動画専門のチームを設立。さらに、外部パートナーシップも含めたオンライン動画に特化したマーケティングプロジェクトを本格始動した。

 第三者配信やDMP、タグマネジメントなどのアドテクノロジーを開発、提供するFringe81は10月18日、オンライン動画への対応を強化するため、新たに専門チームを設立した。さらに、外部パートナーシップも含めたオンライン動画に特化したマーケティングプロジェクトを本格始動することを発表した。

 同社では、動画広告における成果検証の要望が広告主から増えており、様々な検証・分析を行ってきた。その結果、制作やプランニング、効果計測それぞれに広告主が課題を抱えていることがわかった同社は、今回のプロジェクトを始動するに至った。

 具体的には、下記の解決策をプロダクトとサービスの組み合わせにて実現するという。

 ・各種オンライン動画の制作に特化した制作会社との企画立案・制作

 ・テレビCMとの連動など、メイン企画に合わせたオンラインマーケティングのディレクション

 ・広告配信サービスと大手メディアの広告も含めたデータドリブンなPDCAの実現

 ・第三者配信による計測や動画広告の好感度の計測・検証

 さらに、同社は今回のプロジェクト第一弾のサービスプロダクトとして、スマートフォン特化型の動画広告サービス「Ravid」をリリース。さらに、動画制作領域で事業を展開するCrevoと業務提携を行い、動画広告ソリューション「RAVO」の提供も開始する。

MarkeZine編集部[著]