【山下智久・新垣結衣/モデルプレス=9月20日】歌手で俳優の山下智久が、20日放送の自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「Sound Tripper!」(InterFM/毎週月〜金曜あさ8時)にて、ドラマで共演した女優の新垣結衣とのエピソードを語った。

◆“爬虫類女子”新垣結衣の私生活

番組中盤でヘビの話題に及んだ際に、「ヘビはどちらかと言うと苦手。圧倒的に遺伝子がかけ離れてる感じがする。犬なら手足が4本あるけど、あいつら手とかないから!俺からすると謎の生き物」と持論を展開。一方で「でもいるよね、爬虫類女子みたいな、飼ってる子。女優のガッキーいるじゃないですか?新垣結衣ちゃん。イグアナか何かを飼ってた」と爬虫類が好きな側の人物として、新垣の名を挙げた。

山下と新垣はドラマ「ドラゴン桜」(TBS/2005)や「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」シリーズ(フジテレビ/2008〜2010)で共演。新垣はヤモリ科のヒョウモントカゲモドキを飼っており「ドラマで共演してた時に言ってて、俺はまぁまぁ信じられなかった。『休みの日に何してるの?』って聞いたら、『エサのコオロギを買いに行って、それをお箸であげる』って話をしてて、『やっべぇ、すっげぇ』と思った(笑)」と私生活に驚きの様子を見せていた。(modelpress編集部)