【上戸彩/モデルプレス=9月21日】女優の上戸彩が21日、都内で行われた医薬品・医薬部外品の新製品発売記念イベントに出席。会見では、気象や感染症の話題になり、冬の健康法を明かした。

冬を前に「乾燥は女子にとっていろいろ嫌ですね」と心配顔。インフルエンザの予防には、換気をするよりも加湿をするほうが効果的だということを聞くと「加湿をしっかりするようにします。そういうところは鈍くて、ヘアメイクさんにも『ちゃんとして』と言われるのですが、家族も増えたので、ちゃんと加湿をして風邪をひかないようにしないといけませんね」と母親の顔をのぞかせた。

◆上戸彩の冬の健康管理法

冬の健康法を聞かれると「乾燥肌で昔はアトピーで、肌に出やすいのですが、夏よりも温かい温度でお風呂に入っています。そして出たらすぐに化粧水で保湿」と紹介。また「部屋の湿度管理も大切だとわかったので、加湿器を買おうと思います」と声を弾ませた。

新製品を目にすると、自身の写真を見て笑顔を浮かべた上戸。「これが並ぶとなると嬉しいですね」と喜んだ。(modelpress編集部)