【稲葉友/モデルプレス=9月22日】俳優の稲葉友が、沢村一樹主演の10月期新日曜ドラマ「レンタル救世主」(日本テレビ系/毎週日曜よる10時30分)に“女装男子”として出演することがわかった。稲葉がプライムタイムの連続ドラマにレギュラー出演するのは、今回が初となる。

◆志田未来と遭遇する“キーパーソン”

今作は、依頼を受ければ電話一本で参上し、期間中は如何なる無理難題もこなす救世主となるが、実際は単なる営利目的の「レンタルサービス」で、依頼期間を1秒でも過ぎれば赤の他人となる、完全歩合制の“ヒーロー”を描く。

莫大な借金を抱えた単なる超絶お人好しのレンタル救世主・明辺悠五を沢村、同じくレンタル救世主で目立つことが大好きな「スポットライト症候群」と自称する、やたら腕っぷしが強い男・葵伝二郎をジャニーズWESTの藤井流星、そして救世主の2人に初仕事で救出される謎の少女・百地零子を志田未来が演じる。

稲葉が演じるのは、志田演じる零子が通うコインランドリーでなぜかいつも遭遇する女装男子、薫。年齢、正体ともに謎の存在でありながら、時として零子の背中を押すことになるキーパーソンとなる。

◆決死の剃毛!?スタッフからも「いい女」と太鼓判

稲葉は今回、役作りで一部の体毛を剃り、目指すキャラクター像に近い人の話し方や仕草を研究、考えるイメージ像と日々奮闘。慣れないスカート、ロングヘア、キャラクターの複雑な心理と格闘しながらも、共演者やスタッフからは「可愛い!」「いい女!」など役の仕上がりの評判は上々のようだ。

「女性の服と髪とメイクをしていただくと自然と女性の仕草が身体から立ち上がる感覚は演じていてとても新鮮で、そんなところも視聴者の皆様にも楽しんでいただけたら」と呼びかけながら、「今の時代の流行や日常が所々に感じられるところも見所」とアピールした。

「MARS〜ただ、君を愛してる〜」や「HiGH&LOW Season2」などとは遥かに異なる“女装男子”という難役、かつ核心に迫るセリフで、物語にまた新しいスパイスをもたらす稲葉に注目が集まる。(modelpress編集部)

■稲葉友コメント
「助けて」という言葉は確かに中々言いたくても言えないものだなと台本を読んでハッとしました。様々なギミックはありますが、志田未来さん演じる零子に寄り添って謎多き薫という役を演じていけたらと撮影に臨んでおります。女性の服と髪とメイクをしていただくと自然と女性の仕草が身体から立ち上がる感覚は演じていてとても新鮮で、そんなところも視聴者の皆様にも楽しんでいただけたら幸いです。今の時代の流行や日常が所々に感じられるところも見所かと。日曜の夜に個性も彩りも豊かな登場人物たちが皆様の背中をそっと後押しする作品になると思いますので是非ともご覧ください。

■福井雄太プロデューサーコメント
今回の薫という人物は一目見て女性と見間違ってしまうような人間的な美しさと、かつ的確人相手の心の中に飛び込んでくる潔さを持ち合わせたキャラクターとして作品に色合いを加えるべく、非常に男らしくて、でも繊細さも同時に漂わせる稲葉さんがぴたりとハマると思いキャスティングさせていただきました。このキャラクターショー的なドラマの中にまたどんな輝きを放ってくださるのか楽しみにしています!