【武井咲/モデルプレス=9月23日】女優の武井咲が23日放送のNHK総合トーク番組「スタジオパークからこんにちは」(月〜金曜、13時5分〜)にゲスト出演。水上バイクの免許を取ったことを明かし、意外なギャップでスタジオを驚かせた。

昨年、特殊小型船舶操縦士免許を取得したという武井。「私は親戚だったり、家族と毎年海に行って、バーベキューしたり、ウェイクボードしたり」とアクティブな家系で育ったと言い「みんながだいたい(免許を)持っているというか…。お父さんとかも船の免許を持ってるし、生活の一部として、遊ぶために免許を持ってたので」と周囲の環境に影響され、武井も取得したそう。

しかし、昨年免許を取得したものの、今年は海に行けていないそうで「沖縄とか、海がきれいなところに行って乗りたいなと思いました」と願望も明かした。

◆武井咲のギャップに驚き

また番組では実際に試験で出題される問題も紹介。武井は「懐かしい」と振り返り説明したり「ロープの結び方とかも勉強しました」と実技試験の内容も明かすと、驚いたMCの清水ミチコからは「たくましく見えてきました」とコメントが。真下貴アナウンサーも「(水上バイクは)アクティブで、(普段の)イメージとは違う一面」と武井のギャップに驚いた。

◆人生の転機を回顧

このほか番組では、武井にとって芸能界入りのキッカケとなった「国民的美少女コンテスト」についてもトークを展開。モデル部門賞とマルチメディア賞をW受賞した当時の映像を観た武井は「うれしかったなぁ」としみじみ。同時に「『あら、グランプリじゃなかった』とはちょこっとだけ、思いましたね。ちょっとだけ」と悔しさも感じていたことを明かした。(modelpress編集部)