【仁香/モデルプレス=9月24日】モデルでウォーキングアドバイザーの仁香が24日、都内で開催中の「Rakuten mama fes 2016 Autumn」で行われたワークショップ『美姿っと!ウォークエクサ&親子コーデ』に登場。親子で楽しむことが出来るエクササイズを伝授した。

◆子どもの姿勢改善に必要なことは?

姿勢・ウォーキングアドバイザーである仁香は、「今どきの子供は運動不足で筋力が低下していることもあり、小学生になっても床に足裏がピタッとつかない浮足や姿勢が悪い子が多い」、「私もそうですけど、両親がいけないとわかっていても、静かにしてほしいために子供にスマホを与えてしまい、前傾姿勢にさせてしまう」と自身の体験を交えつつ、現代の子供たちは姿勢が悪くなる環境にあることを指摘。

改善するためには、「いきなり運動をするより、日頃から親子で楽しく姿勢や歩き方を整えられる環境を作る」ことが重要だと説明した。

◆参加者とエクササイズ

その後、イベントに集まった1〜6歳の子どもとパパ・ママたちとエクササイズを実施。足指を使ったジャンケンは、「足指はふくらはぎの筋肉とつながっているので、足指をうまく動かせることでキレイな歩き方ができる」と大人の姿勢にも効果的であることを紹介しながら教えていた。

さらに、背筋をビシッと伸ばした“トウモロコシのポーズ”も披露し、その姿勢をキープしたままウォーキングも実践。足の筋肉を使っていることを意識して踵から着地することが大切だといい、「ダイエットにもなりますよ」とアピールした。

◆「親子コーデ」も紹介

また、「親子コーデ」のコーナーでは、8歳の息子が小さい頃にボタンがついている服を嫌がったり、厚い生地のものは「暑い」と言って暴れたりしたことを紹介。

息子とは着やすいスカジャン、娘とは夏から引き続き人気のチュールスカートなどのペアルックを勧めた。

◆仁香「ぜひお家でも実践してください」

イベントを終えた仁香は、「子供の『みんなで一緒にやろう』という好奇心が旺盛な時にこのような講座を行うことが大切だと痛感しています」としみじみ。

「ご夫婦で参加して楽しんでいる方がいらっしゃったのも印象的でした」とも語ると、「姿勢改善はもちろん、触れ合いながらエクササイズを行うことによりコミュニケーション向上に繋がるので、ぜひお家でも実践してください」と呼びかけた。(modelpress編集部)

■仁香(にか)プロフィール
生年月日:1975年7月7日
血液型:AB型
出身地:東京都
趣味:整理収納、音楽鑑賞、ゴルフ、美や食に関する情報収集
身長:171cm
スリーサイズ:B85・W61・H87
資格:整理収納アドバイザー2級、姿勢アドバイザー、ウォーキングアドバイザー

短大在学中に18歳で小学館「CanCam」専属モデルとしてデビューし、6年間人気カリスマモデルとして活躍。その後、多数の女性誌で活躍するが、急激な体重増加によりモデル活動を中止。3年間に及ぶさまざまなダイエットから見事13キロの減量に成功させる。現在は雑誌「STORY」のモデルとして、20代から40代の女性より支持を集める。モデルのほかにも、サロン経営、ビューティスタイリスト、デザイナー、ウォーキングアドバイザー、一児の息子を持つ母親といった顔を持つ。2016年10月には、avex life design labにて「 『モデル 仁香』の親子で特訓!この秋 美姿っと!ウォークエクサ&親子コーデ」を実施する。