【藤田ニコル/モデルプレス=9月26日】雑誌「Popteen」モデルでタレントの“にこるん”こと藤田ニコルが26日、フジテレビ系バラエティ番組「中居正広の神センス☆塩センス!!あの時どうすりゃよかったの!?」(よる9時〜)に出演。恋人にしてしまう対応を明かした。

◆にこるんがフラれる理由とは?

同番組は、あのときの対応は正しい対応、つまり“神センス”だったのか、それとも間違っている対応、つまり“塩センス”だったのかを徹底討論するという内容。

にこるんは、恋人ができると相手に褒めてもらいたいあまり、喜ばせようと尽くしてしまうと告白。「あーん」と食事を食べさせたり、着替えを手伝ったり、ときには膝枕で歯磨きをしてあげることも。相手が嫌がっても尽くし続けるため、やりすぎて嫌われてしまうそうで、「毎回フラれる理由、全部『重い』です」と振り返った。

◆共演者の反応は?

司会のSMAP中居正広は「そういう年齢じゃないからさ」と分かりやすく拒否反応を示したが、スタジオ共演者の意見は真っ二つに。「褒められたいからという動機が駄目」(馬場典子)、「自分がやりたいことを全部やるっていうのは違う」(ウエンツ瑛士)など反対意見が飛び交う中、“神センス”側に立ったヒロミは「たまたま(それが)嫌な男の人と会ってるだけ、にこるんが続けられるかが問題」と擁護。そして、自分から尽くしてしまい、尽くされた経験はないというにこるんに、尽くしてくれる男性と一度付き合ってみるべきと提案した。

そして、中居がにこるんに「彼氏に『歯磨いてあげる』って言われたらどーする?」「『パンツ脱がしてあげる』って言われたら?」と尋ねると、「『磨いてくれるの?』」「(パンツ)『恥ずかしいけど良いの?』って(返す)」と戸惑い気味に回答。初々しい反応にスタジオ陣は「可愛いー!」と笑みをこぼした。

スタジオでは賛否両論となったが一般人100人へのインタビューでは、神センスが5%、塩センスが95%という圧倒的な結果に。にこるんは「やめた方がいいってことだね、リアルだな〜」と、悲しそうに納得していた。(modelpress編集部)