【西銘駿/モデルプレス=9月27日】テレビ朝日系「仮面ライダーゴースト」で仮面ライダーゴースト/天空寺タケルを演じ注目を集めた俳優の西銘駿(にしめ・しゅん)が、10月19日スタートのTBS系新ドラマ『コック警部の晩餐会』(毎週水曜深夜24:10〜)に出演することがわかった。

◆主演の“お気に入り”シェフを演じる西銘駿

同作は、捜査一課特命警部で料理の腕前がプロ級の“コック警部”こと古久星三(こっく・ほしみつ)が、容疑者たちを晩餐会に招いて、犯人をあぶり出すグルメミステリードラマ。罪を逃れてのうのうと好きなものを食べている殺人犯を絶対に許さないコック警部は、被害者を理解するため、被害者が食したものを再現し、思いを馳せて推理に及ぶ。

主演は連続ドラマ初主演となる柄本佑。そしてそんなコック警部とコンビを組む新人刑事の七瀬あずみを演じるのが、ドラマ初出演となる小島瑠璃子。西銘が演じるのは、コック警部行きつけの創作料理店のシェフ・田部歩で、うるさいコック警部に毎度美味しい食事を提供するという役どころ。ときに事件解決へのヒントとなる料理やうんちくを披露するため、気難しいコック警部が唯一気に入っている人物である。

◆「特撮以外の現場は今回が初めて」

西銘は2014年11月に「第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞。そして昨年「仮面ライダーゴースト」の主役に抜擢され、今回TBSドラマに初出演となる。

「シェフという、自分にとって全く新しいキャラクターに挑戦することがとても楽しみです。1年間仮面ライダーの現場を経験できて、特撮以外の現場は今回が初めてなので、正直不安もありますが、いい作品になるよう全力で撮影に臨みたいと思います」と意気込みを語った。(modelpress編集部)