【島崎遥香/モデルプレス=9月28日】AKB48の島崎遥香が主演をつとめる10月17日スタートのテレビ朝日系連続ドラマ「警視庁 ナシゴレン課」(毎週月曜深夜0時15分〜)のレギュラーキャストが発表された。

島崎が刑事役に初挑戦し、アイドルらしからぬ自由奔放な女性デカ長・風早恭子役を演じることで、スタート前より注目を集める今作は、企画・原作を秋元康氏が担当。“刑事ドラマなのにワンシチュエーションコメディー”という前代未聞の作品で、卓越した洞察力、推理力を持つデカ長・恭子のもと、誰ひとりとして捜査に出かけることなく、すべての謎が“刑事部屋”で解決する。

◆座長・ぱるるに個性豊かなキャストたち

これまで主演の島崎のほか、古田新太、勝村政信の出演が発表されていたが、新たに、波岡一喜、猫背椿、越村公一、中山麻聖の出演が明らかに。

波岡はコワモテで関西弁を操る刑事・高見拳次郎を、猫背は元サイバー捜査班に在籍していたITのスペシャリストで、実は勝村扮する伊吹とドロドロの不倫関係にあるという女性刑事・鳥海琴美を、越村は定年退職後、嘱託で再雇用されたパートタイム刑事・小野田哲を、中山は恭子のご機嫌を取りつつも内心はライバル視している若手刑事・浅羽ショウをそれぞれ演じる。座長の島崎に、演技派俳優6人が揃った。

波岡は「個性的で演技派の方ばかりなので、現場では今回初めてこのメンバーが集まったとは思えないような一体感が漂っています」と現場の様子を紹介。主演の島崎については「島崎遥香さんはとても“凛”としていらして、撮影初日にしてデカ長のたたずまいを感じました」と語り、絶賛した。(modelpress編集部)