【櫻井翔・高畑充希/モデルプレス=9月29日】女優の高畑充希が、29日放送のフジテレビ系バラエティ番組「VS嵐」(毎週木曜よる7時)に出演。嵐の櫻井翔との共通点を語り、息の合った掛け合いを披露し、反響を呼んでいる。

◆櫻井翔、高畑充希に「いつでも相談にのります」

嵐のメンバーがゲストとスタジオアトラクションで対決する同番組。今回は高畑が嵐チームにプラスワンゲストとして加わり、西内まりややリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得したバトミントン女子ダブルス高橋礼華&松友美佐紀選手などからなる「チームバトミントン」とバトルを繰り広げた。

櫻井の印象を聞かれ、高畑は「私もなで肩で、仲間意識が結構あります」とコメント。高畑は、以前の放送回でなで肩で知られる櫻井が、ウサイン・ボルト選手を真似しポーズをとったところ「なで肩ボルト」と名付けられた一幕も知っていたといい、二宮和也に「どっちの方がなでてる?」と尋ねられると「櫻井さんには負ける」と回答。

また、高畑がずり落ちを防止するバンドがないとリュックを背負えないという、なで肩ならではの悩みを明かすと、櫻井は「俺はもう最近頼ってません。ちょっと肩を上げる」と両肩を上げドヤ顔で指南。「悩みがあったらいつでも相談にのります」とエールを送った。

◆櫻井翔の「なで肩ボルト」が話題に

巨大ピンボール台から転がり落ちてくるボールをキャッチする「ピンボールランナー」のコーナーでは、櫻井がランナー、高畑が高得点ボールの指令係を担当。アトラクション後、櫻井は「なで肩シスター」と高畑に呼びかけ、指令が急だったことをツッコミ。「ごめんお兄ちゃん」(高畑)「いいんだよ、妹よ」(櫻井)とやりとりを繰り広げると、2人でボルトポーズをとり、観客から拍手が送られた。

放送中、Twitterのトレンドワードに「なで肩ボルト」がランクイン。視聴者からは「なで肩ボルトがまた見れた!嬉しい」「私もなで肩だから悩み相談したい!」「翔くんに妹って呼ばれたい」「なで肩ブラザーズ可愛い!!」など反響が寄せられている。

◆松本潤の“ジェントルJ”エピソードも

また、松本潤とペアを組んだ場面では、高畑は以前歌番組で共演したときのことを回顧し、「すごく緊張してたら声かけてくださって、すごく良い人っていう印象」とエピソードを告白。

「おおお〜」とスタジオからは感嘆の声が上がり、松本は「ジェントルJね」(二宮)と称えられていた。(modelpress編集部)