【若槻千夏・小島瑠璃子/モデルプレス=9月29日】タレントの小島瑠璃子とタレントでデザイナーの若槻千夏が、29日放送の日本テレビ系バラエティ番組「ダウンタウンDX 祝1000回突破!芸能界禁断の(秘)ぶっちゃけSP」(よる21時)にゲスト出演。タレントのベッキーの不倫騒動について言及した。

◆小島瑠璃子、騒動の影響は?

1月にロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音との不倫交際を報じられて以降、それまで活躍していた数々のバラエティ番組の出演を休んでいるベッキー。番組は、「ベッキー騒動でぶっちゃけ仕事増えたんじゃない?」という直球の質問を小島瑠璃子に投げかけた。

小島は、「考えてほしいんですけど、ベッキーさんが前やられていた番組で分かりやすくポジションが変わった人ってあんまりいないんですよ」と冷静に回答。「各番組各企業色んなこと考えて、男性使ってたりするんですよね」と番組側の配慮を分析し、「一本でもお仕事貰えればありがたかったんですけど、本当にゼロ!」と騒動からの影響は全く実感していないとした。

◆芸能界復帰の若槻千夏の一言にスタジオどよめき「見計らってました」

しかし、今年の上半期のテレビ出演数ランキング女性部門で、小島がハリセンボン近藤春菜に続き第2位に位置づけていることが番組で紹介されると、共演陣は小島に再び疑いの目。すると、小島は「私じゃない、お隣ですよ!」と隣に座っていた若槻に話を振り、今度は若槻に疑惑の矛先が向けられる展開に。昨年末およそ4年ぶりにバラエティ番組に復帰し、今年の頭から各番組にひっぱりだことなっている若槻は、「ワカツッキーが復帰したのは…」と自らノリ良く切り出し、笑いを誘った。

若槻は「収録自体は昨年から始めてた。たまたま放送が騒動のときにまとまって出たんで、『若槻あれを狙って戻ってきたんじゃないか』って見られがちなんですけど、昨年から見計らってました、戻るタイミングを」と説明したが、「見計らってました」という一言が誤解を呼び、一瞬スタジオがどよめき。

司会のダウンタウン松本人志は、「ベッキーの賞味期限的なことを言っているのかと…」と恐れおののいた仕草をし、若槻は「違います!違います!」と慌てて否定。あくまでも偶然タイミングが重なったことを強調していた。(modelpress編集部)