【テラスハウス・永井理子/モデルプレス=9月29日】人気リアリティショー『テラスハウス』の新シーズン『TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY』(Netflixで先行配信/フジテレビ系、毎週月曜 深夜24:55〜)。前作は湘南を舞台に男女の青春模様を記録したが、今作の舞台は東京。モデルプレスはメンバーが共同生活するシェアハウスを訪れ、メンバーの取材を行った。今回お届けするのは、メンバー最年少の永井理子(ながいりこ・18)さん。

◆「テラスハウス」で価値観が変わった!

― 理子さんは上京してそのまま「テラスハウス」に入居。親元を離れて初めて暮らす家が、男女6人での共同生活となりました。約5ヶ月の「テラスハウス」生活はいかがでしたか?

理子:たくさんのことを学ぶことができました。例えば人間関係。今まで一人っ子でお母さんと暮らしてきたので、自分の中で考えを決めていくことが多かったのですが、メンバーと出会って、いろんな考えがあることを知って、良くも悪くも価値観が変わりました。

― 「女子高生ミスコン」でグランプリを獲った時に比べてすごく明るくなりましたよね。

理子:そうですか?でもよく言われます。本当に人見知りする性格でしたが、それも少し変わってきたように思います。

◆思い出の場所は“自分のベッド”

― 今日の撮影は理子さんが一番思い出深いという“自分のベッド”で行いましたが、理由を教えてください。

理子:キティちゃんをいっぱい並べて、自分の世界にしているんです。何か嫌なことがあってもここに来れば落ち着いていました。

― 一番、刺激を受けたメンバーを挙げるとしたら誰ですか?

理子:美咲です。一番、一緒にいる時間が長くて、たぶんお互いに良いところも悪いところも知ることができたし、美咲のおかげで成長できた部分もすごくあります。

◆恋愛で悩んだ…

― 「テラスハウス」で一番楽しかった思い出を教えてください。

理子:みんなでキャンプに行ったことが何より楽しかったです。「テラスハウス」に住んで初めてメンバー全員で遠くに行って、バーベキューして、泊まって。これがなかったら6人で出かけることもなかったと思うので、本当に良かったです。

― では一番悩んだり、辛かった思い出は?

理子:悩んだのは恋愛のこと。自分の価値観や考え方が変わっていく中で、それについていくのも苦しかった時期がありました。でもその経験があったから成長できたこともあると思っています。

◆初めての一人暮らし

― 「テラスハウス」を出たら一人暮らしになりますか?

理子:そうですね、逆に不安…(苦笑い)。でも本当に上京して初めての家が「テラスハウス」で良かったです。一人だったらメンタルが持たなかったなと思います。

(modelpress編集部)

■永井理子(ながい・りこ)プロフィール

職業:通信制高校4年生/出身:愛知県安城市/生年月日:1997年12月21日/趣味:Instagramを見ること、ファッション研究/好きな異性のタイプ:背が高い人、面白い人/嫌いな異性のタイプ:見た目も性格も怖い人/好きな食べ物:基本的になんでも好き/嫌いな食べ物:苦い食べ物、パプリカ

<略歴>
2013年愛知県立刈谷東高等学校 入学
2014年同校 通信制過程へ
2016年女子高生ミスコン・グランプリ(応募総数64万人)