【藤田ニコル/モデルプレス=10月1日】雑誌「Popteen」モデルでタレントの“にこるん”こと藤田ニコルが、30日放送のTBS系『ラストキス〜最後にキスするデート』(深夜24時20分)に出演。年上イケメン俳優と京都でデートを楽しみ、最後にキス。さらに、スタジオでVTRを見守ったにこるんのもとに、デート相手がサプライズ登場し、にこるんへ思いを告白。番組初の展開に視聴者から反響が多数寄せられている。

◆年上イケメン俳優ににこるんドキドキ

同番組は、誰が来るか知らされていない初対面の芸能人の男女が1日限定のカップルとなり、今流行のスポットをめぐり、最後に必ず“キス”をする擬似恋愛ドキュメント。今回、にこるんの相手役となったのは、ミュージカル『テニスの王子様シリーズ』や、ドラマ「天装戦隊ゴセイジャー」(テレビ朝日系、2011年)などの出演で知られる俳優の小野健斗。

VTRを見ていたスタジオゲスト陣も、登場シーンから「イケメン!」と身を乗り出すほど、正統派イケメンの小野は、27歳で18歳のにこるんより9歳年上。2人はまず人力車で嵐山を散策し、いきなりの密着ににこるんは全く小野の顔が見れないほど緊張し、バラエティでの元気で明るいキャラクターではない、乙女の顔を見せた。

京都の新スポットを巡りながら除々に距離を縮めていく2人。好きなタイプを聞かれたにこるんは、「わがままかもしれないけど、少女漫画に出てくるような主人公みたいなひと」と明かし、「(小野が)出てきそうだもん」とさりげなく思いを伝え、2人は連絡先を交換した。

◆顎クイからのロマンチックなキス

最後の場面は、ライトアップされた高台寺。にこるんは「最後にお願い聞いて貰っていいですか?」と切り出し、「ちょっと寂しいから」と手を差し出し、手繋ぎをお願い。「ちょっと繋ぎたかった」と照れながら話した。

そして、“ラストキス”タイムへ。「時間ってそんな早く過ぎるんだなって思ったし、一緒にいれてすごい楽しかった」(にこるん)「もっともっと知りたいなって思いました」(小野)と1日を振り返り、お互いへの思いを吐露。小野は「今後もよろしくね、今日は本当に本当にありがとう」とギュッとにこるんを抱きしめると、“顎クイ”をし、長くキス。最後ににこるんに強く抱きしめられ、再び軽くキスをし、デートは終了。うっとりするようなロマンチックなシーンにスタジオからは興奮の声が止まらなかった。

◆スタジオにキス相手がサプライズ登場「お付き合いを前提に」

さらに、「これで終わるのはやばすぎでしょ、いま会いたいもん」と当時を振り返り心境を語ったにこるんに、サプライズが。小野がスタジオに姿を現し、にこるんは目も合わせられないほど固まってしまう。

小野はにこるんに向かい、「デートして日が経ったじゃない?すごい会いたかったし、今日会えてすごい良かった。単刀直入に言うね、僕はにこるんのこと好きだから、お付き合いを前提にこれから仲良くしてくれたら嬉しいなと思います」と告白。にこるんも、「ご飯でも行きましょう」と赤面しながら応じ、番組始まって以来の衝撃の展開となった。

◆「このあとどうなる!?」史上初の展開に反響

放送のたびにネット上で大きな反響が寄せられる同番組。今回も、Twitter上では、「なんだこれは!!!甘い!甘い!」「ガチ少女漫画」「乙女なにこるん可愛すぎる!」「手繋ごうアピール可愛すぎ」「顎クイからの長いチューやばい」「もうこの人全てがイケメン」「おのけん非の打ち所がない」「かっこよすぎて心臓破裂しそう」など、恋する乙女の表情全開のにこるんや、紳士的な小野に胸キュンした声が殺到。

「え、このあと本当にどうなるの!?」「2人にうまくいってほしい」と今後の関係の進展を予感させる結末に、多数の反響が寄せられている。(modelpress編集部)