【女子高生ミスコン/モデルプレス=10月2日】日本一かわいい女子高生を決める「女子高生ミスコン2016−2017」は1日、“地方ファイナリスト”を選出する「SNS投票 by モデルプレス」がスタート。1日明けたこの日、上位12人の速報結果が発表された(中間発表)。

投票は、全国6エリアごとに設けられた『投票サイト』にて行われ、「サイト投票数」「応援メッセージ数」「リツイート数」「ページ閲覧数」「ファボ数」「キャス視聴数」「総合ポイント数」の7項目により審査。各項目上位2人が、次の審査に進むことが出来る。

◆「女子高生ミスコン2016−2017」北海道・東北地方予選/速報結果(中間発表)

「総合ポイント数」1位:アサ 
「総合ポイント数」2位:はせゆー 
「サイト投票数」1位:あいざわ
「サイト投票数」2位:みあ 
「応援メッセージ数」1位:あかねん 
「応援メッセージ数」2位:みっぽ 
「リツイート数」1位:ゆぅ 
「リツイート数」2位:りったん 
「ページ閲覧数」1位:かりん 
「ページ閲覧数」2位:ちかりん 
「ファボ数」1位:ゆうは 
「ファボ数」2位:まーちゃん 
「キャス視聴数」1位:れいちゃろ 
「キャス視聴数」2位:りなてぃん 
投票は10日に締め切られ、各項目上位2人ずつ選出。合計14人の北海道・東北エリアの“地方ファイナリスト”が発表される。

※「女子高生ミスコン2016−2017」に関する問い合わせは下記まで
support@jkmisscon.jp

◆「女子高生ミスコン」全国6エリアで投票

「女子高生ミスコン2016-2017」は、「北海道・東北」「関東」「中部」「関西」「中国・四国」「九州・沖縄」の6つのエリアごとに投票サイトを用意。各エリアから14人、全国6エリアで計84人の“地方ファイナリスト”が次の戦いに進む。

◆“日本一かわいい女子高生”をかけて次なる戦いへ

96人の「地方ファイナリスト」は続いて「プリ地方投票」(10月21日〜12月9日)を経て、12月10日に行われる「地方ファイナル審査」に臨む。同審査では、6エリアごとにグランプリと準グランプリが決定。(2人×全国6エリアの)計12人と「高一ミスコン2016」グランプリの中町綾、準グランプリの伊藤夏音の2人を加えた合計14人が、“全国ファイナリスト”として次に進む。

その後、12月22日〜3月8日まで「プリ全国投票」が行われ、2017年3月29日に開催される「全国ファイナル審査」にて“日本一かわいい女子高生”が決定する。

◆「女子高生ミスコン」とは

「女子高生ミスコン」は、過去に“くみっきー”こと舟山久美子や雑誌「S Cawaii!」専属モデルの“ちぃぽぽ”こと吉木千沙都を輩出した女子高生限定のミスコン。SNS投票やプリ機投票など女子高生の生活に即した審査方法が取り入れられ、まさに「女子高校生が選ぶ女子高校生のNo.1」を決めるミスコンとなっている。

2015年度より初めて全国開催となり、約64万人がエントリー、審査の総投票数は300万票を超え、日本テレビ系列「ZIP!」でも特集を組まれるなど日本中で大きなムーブメントを起こした。グランプリである“りこぴん”こと永井理子は「テラスハウス」を中心に、テレビや雑誌など様々なメディアで活躍している。

2016年度は、7月1日にエントリーがスタート。9月11日までのエントリー期間を経て、8月上旬より、全国11箇所で面接審査が行われた。そして「SNS投票 by モデルプレス」「プリ地方投票」が実施され、2016年12月10日に「地方ファイナル審査」で地方代表が選出。そして2017年3月29日の「全国ファイナル審査」で“日本一かわいい女子高生”が決定する。

なお、グランプリ受賞者は大手芸能事務所に所属できる権利を付与されるほか、「女子高生ミスコン」をTV・雑誌等で広く宣伝するPR大使に任命される。(modelpress編集部)