【ベッキー/モデルプレス=10月2日】タレントのベッキーが1日深夜、週替わりのレギュラーをつとめるJFN系列FMラジオ新番組「ミッドナイト・ダイバーシティ― 〜正気のSaturday Night〜」(24時〜26時)の初回放送を迎えた。

◆ベッキー「新しいお仕事を頂けることの喜び」

初めて生放送のラジオレギュラーを務めることになったベッキーは、「大丈夫でしょうか?2時間だし、しかも1人なんですよ…頑張るぞ〜って感じです」と緊張しつつも意気込んでスタート。「まず、オファーを頂いた時はびっくりして、ありがたいなって思いました。とにかく新しいお仕事を頂けることの喜びを感じております」と感謝の思いも口にした。

その後、改めて「今年の騒動で、お騒がせしました。ごめんなさい」と一連の騒動について謝罪。「この期間、沢山の声をいただきました。全ての声を受け止めております。一歩一歩、歩んでいきたいと思っております。活動をお休みしている間に思ったこととか、気づいたこととか、学んだことなども番組にも活かせていけたらいいなと思っています」と丁寧に語った。

◆8ヶ月間を振り返る

2月に休業してからの8ヶ月間も振り返り、「前半の4ヶ月は、基本的に家から出ることはあんまりなかったですね。ずっと家にいて、ただただ自分と向き合う、反省する、振り返るっていう日々でしたね」とコメント。5月に出演した「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS)で仕事を再開してからは、外出もするようになったようで「今まではお仕事の日々で、吸収したり学ぶ時間があまりなかったので、やってこなかったことを吸収したいなってお料理とか習い事をしていました」と明かした。

また、春過ぎからテレビも観るようになり、「自分のレギュラー番組も観たりしていたんですけど、やっぱり面白い。こんな素敵な番組に出させてもらっていたんだって思いました」としみじみ回顧。ぺこ&りゅうちぇるのファンになったとも語ったが、「そういう方と見ると『会ってない』って。会ってない芸能人の方も増えてきたんですよ。その時に思ったんですね、私テレビ出られていないんだなって。不安になったりしました」と率直な思いも打ち明けた。

◆メイプル超合金への思い

さらに、同じ所属事務所のお笑いコンビ・メイプル超合金もブレイクにも触れ、「すっかりサンミュージック(所属事務所)の顔として大活躍されて…。本当にすみませんって思いもありつつ、活躍されていて嬉しいって思う気持ちもありつつ」と複雑な胸の内を吐露。「お会いして私の気持ちをお伝えしたいなって思います」と語った。

◆ファンからの反響も

放送後、ネット上には「ベッキーの声が聞けて良かったです。パワーもらえました」、「しっかり言葉の1つひとつが伝わりました。これからも応援しています」、「いつも通りの優しい声で和んだ」とファンからの反響が続々。

「次は1ヶ月後だからちょっと寂しい」、「生放送らしさがあってすごく面白かった。次も楽しみにしてます」と期待も寄せられていた。(modelpress編集部)