【横山由依・島崎遥香/モデルプレス=10月3日】AKB48の島崎遥香が3日、都内で行われた新CM発表会にて、AKB48グループからの卒業を発表。同期で、現AKB48総監督の横山由依が、コメントした。

◆島崎遥香&横山由依の絆

2人は2009年に第9期生としてAKB48に加入。ファンの間では、“ゆいぱる”の愛称で仲の良さが知られている。

イベント冒頭で、年内をもっての卒業を発表した島崎について、コメントを求められた横山は、「同期で加入しているので…なんていうのかなあ、実際こういう発表を聞くっていうのがどういう気持ちになるんだろうと思って何を言おうか考えてきたんですけど、言葉が本当に見つからないというか。一緒にやってきて良かったことも辛かったこともあったので…」と言葉を詰まらせ、涙目に。

今年6月のAKB48総選挙のスピーチにて島崎は横山に一度卒業を相談したことを明かしていたが、横山は「実は一回卒業しようかなっていう相談を横浜スタジアムのコンサート期間のときにされたときに一回泣いて止めたんですね」と回顧。

そして、「そのときは『悩む』と言っていたんですが、時間が経ってこうして卒業するって決めたってことは、また意識が変わったりとか強い思いが芽生えたんだと思う。そういった意味ではAKB48は夢を叶えていく場所なので、ぱるるが何らかの形で活躍してくれることがメンバーにとってもファンの皆さんにとっても励みになると思うので、応援しているという気持ちですね」としみじみと語った。

一方、島崎も「ぱるる、かなり悩んだんだ?」と司会の徳光和夫に問われると、「最初っからやってきた仲間が泣いている姿を見てしまうと気持ちはやっぱり揺らぎましたね」と振り返った。

島崎の最後の握手会は12月24日、卒業公演は12月26日、活動は年内いっぱいまでとなる。

◆意味深なCMが話題に

同イベントでは、島崎がバイトからの「卒業」を宣言する内容で話題を呼んだCMの続編を公開。再び島崎が主役を務める「NEXTステージ篇」が、4日より全国で放映開始される。

今回のイベントでの卒業発表が一部にて報道されており、LINE LIVEで生中継されるなど注目が集まっていた。イベントには、指原莉乃(HKT48)、渡辺麻友(AKB48)も出席した。(modelpress編集部)